Gluegent Apps for Android の使い方

インストール

Google Play にてインストールしてください。

初回起動時の操作

初回起動時のみ認証ドメインを設定します。
Gluegent Apps for Android をご利用になる Google Apps のドメイン名を登録します。

1. Gmail など任意のテキスト入力欄でキーボードを表示し、キーボード切り替えボタンをロングタップします。

2. プラグイン(拡張機能)の「共有アドレス帳」をタップします。(共有アドレス帳の表示方法はIMEにより異なります。詳しくはIMEのマニュアルをご参照ください。)

3. 「OK」をタップします。

4. 画面右上の三点リーダー(︙)をタップし、「設定」をタップします。

5. 「ドメイン名」をタップします。

6. G Suiteの契約ドメイン名を入力し、「OK」をタップします。

7. 「認証の実行」をタップします。

8. Google アカウントへのログイン画面が表示されます。メールアドレス、パスワードを入力しログインします。
このとき、Chrome 以外で開くと正しく認証が行なえません。必ず Chrome で開いてください。

9. 戻るボタンをタップすると共有アドレス帳のデータを読み込みます。

キーボードで共有アドレス帳を使用する

キーボードの切り替えにて共有アドレス帳を起動できます。ここでは Gmail アプリを使用していますが、文字入力が行えるエリアで常に使用できます。

1. Gmail など任意のテキスト入力欄でキーボードを表示し、キーボード切り替えボタンをロングタップします。

2. プラグイン(拡張機能)の「共有アドレス帳」をタップします。(共有アドレス帳の表示方法はIMEにより異なります。詳しくはIMEのマニュアルをご参照ください。)


3. 共有アドレス帳が表示されます。

共有アドレス帳からメールの宛先を指定する

ある部門に所属する人を宛先に指定したい場合、組織階層から辿って探し出すことができます。

1. 共有アドレス帳を起動し、組織階層を順番にタップしていきます。組織名の右の「>」をタップするとその下位組織または所属するメンバー一覧が表示されます。
戻るボタンをタップすると上の階層に戻ります。

2. 該当部門の所属メンバーの中から宛先に指定したい組織・人にチェックをけます。組織・ユーザーともに、名称部分をタップすることでチェックをけられます。

3. 「確定」(メールアイコン)をタップするとチェックを付けた宛先が入力されます。