Gluegent モバイル共有アドレス帳の使い方

インストール

App Store にてインストールしてください。

初回起動時の操作

初回起動時のみ認証ドメインを設定します。
Gluegent モバイル共有アドレス帳をご利用になる G Suite / Office 365 のドメインを登録します。

1. Gluegent モバイル共有アドレス帳を起動すると「認証ドメインを設定してください」という吹き出しが表示されます。

2. 画面右上の「」をタップし「認証ドメイン設定」にご利用のドメイン名を入力します。Office 365 の場合は「O365」をタップしてからドメインを入力します。

3. ログイン画面が表示されますので、ユーザー名、パスワードを入力し、「ログイン」をタップします。

4. 共有アドレス帳l画面に遷移します。

キーボードの設定を行う

キーボードで Gluegent モバイル共有アドレス帳を使うための設定を行います。キーボードで Gluegent モバイル共有アドレス帳を使わない場合は不要です。
1. 「設定」をタップします。

2. 「一般」をタップします。

3. 「キーボード」をタップします。

4. 「キーボード」をタップします。

5. 「新しいキーボードを追加...」をタップします。

6. 他社製キーボードに表示されている「共有アドレス帳」をタップします。

7. 「共有アドレス帳」をタップします。

8. 「フルアクセスを許可」をタップし、オンにします。

9. 「許可」をタップします。

着信表示の設定を行う

着信を受けたときに、共有アドレス帳のデータから発信者情報を取得する設定を行います。(内線での着信表示は非対応です)

1.「設定」 >「電話」>「着信拒否設定と着信ID」をタップします。

2. 「共有アドレス帳」をタップし、オンにします。

3. 共有アドレス帳を起動し、をタップします。「着信表示用データ取得」をタップします。

4. 「OK」をタップします。画面にもあるように、共有アドレス帳に登録されているデータを全てダウンロードするため、Wi-Fiに接続した状態でダウンロードを実施いただくことを推奨します。

起動時の操作

2 回目以降の起動時にログインは不要です。アプリでログアウトをした場合は再度ログインを行ってください。

1. ログイン画面が表示されますので、ユーザー名、パスワードを入力し、「ログイン」をタップします。



2. 共有アドレス帳画面に遷移します。

メールアドレスを取得する(宛先をコピーする)

組織ツリーからユーザー / グループを探し、メールアドレスをコピーします。

1. グループ・ユーザーのアイコンをタップしチェックボックスをオンにします。画面左下のメールアイコンをタップします。
 「ペーストボードにアドレスを登録しました」と表示されます。Gmail などのアプリでペーストしてください。

ユーザー / グループをタップすると選択 / 解除状態が切り替わります。

グループ右の「>」をタップするとグループ内のメンバーを表示します。

キーボードで共有アドレス帳を使用する

キーボードの設定を行っている場合、キーボードの切り替えで共有アドレス帳を起動できます。文字入力が行えるエリアで使用できます。
1. キーボードの地球儀ボタン「」をタップします。
2. 共有アドレス帳が表示されます。

3. 組織名の右の「>」をタップするとその下位組織または所属するメンバー一覧が表示されます。

4. 名称部分をタップすると選択状態になります。

5. 「入力」をタップするとチェックをつけた宛先が入力されます。

ログアウトする

Gluegent モバイル共有アドレス帳の使用を終了するときはセキュリティ保護のためログアウトを行います。

1. 画面右上の「」をタップし、メニュー画面の「ログアウト」をタップします。

2. 「ログアウト」をタップします。

3. ログイン画面が表示されます。

SeciossOTP から起動する

Gluegent Gate (アクセス制御/アプリケーション認証オプション) をご利用のお客様は SeciossOTP から Gluegent モバイル共有アドレス帳を起動し、ブラウザとして使用することができます。

1. Secioss OTP を起動し、「設定」をタップします。

2. 「ブラウザ」に「glapsm.secioss」と入力し、「申請」または「保存」をタップします。
 新規の場合は「ブラウザ」以外の項目も入力し、「申請」をタップします。
 既に設定済みの場合は「ブラウザ」のみ入力し、「保存」をタップします。

3. SeciossOTP の「ログイン」をタップすると Gluegent Apps Mobile が起動します。



SeciossOTP から起動した場合のみ、Gluegent モバイル共有アドレス帳内でGmail 等のサービスが利用できます。